契約社員よりも正社員がいい訳、その理由は、安定した会社で給与が高いからだと思う。そんな求人の魅力が知りたい

正社員の求人情報を効率的に探し出す為に

Contents

求人の中にある正社員になることってそんなに大事?

自分は、これまでに正社員だったのは、2年と6ヶ月くらいだ、あとは、10年以上も契約社員だった。パートも1年間経験した。いわゆる、6時間労働の短時間労働者だ。正社員とは、時間も給与も全然違う。だけど、仕事は楽しかった。一応、有給休暇もついたし、それなりの待遇をしてもらえた。正社員の何がいいのか。世間では契約社員がいっぱい増えてきている気がする。正社員を雇用するときは、新卒だけじゃないか。中途で働くひとは、ほとんどが、嘱託とか、非正規労働者だろう。だが、人々はやっぱり正社員を目指す。ある企業では、正社員昇進制度なんかもある。みんな、頑張って試験を受けて、合格して、えらくなっていく。ただ、試験の中身は一般常識みたいだ、難しかったりもする、どこでたりするかわからないからだ。今は、時代が終身雇用ではない。正社員だからといって、いつまでも会社が残っているわけでもなく、長くいられれば退職金とかもでるだろう。従業員の中には、メンタルの面で苦しんでいる人もいるそうだ。そのために、ある一定の従業員がいる会社には、産業医が常駐している。ほんとに正社員という求人はなかなかなくならないだろう。

これまでに、契約社員と呼ばれる人たちがどれほど多いことが。8時間労働で正社員と変わらないはずなのに、給与が少し違うだけ、有給休暇も普通につくのに。なぜだか、すごく正社員とは待遇がちがいすぎる。福利厚生の面だってそうだ。ガソリン等の割引が正社員だけにかぎられていたり、特別休暇は正社員だけという会社もあったり、それでも、なぜ、人は正社員を目指すのだろう。